腰痛の原因を解説!|腰痛に関する知識や改善方法などをご紹介します

様々な原因があるもの

腰痛で悩んでいる方は多くいるものです。腰痛と一口に言っても、その原因や種類は沢山あるものなのです。さらに日本人は腰回りの筋肉がそれほど発達していないために、腰への負担がかかりやすく腰痛が引き起こされやすいと言われています。しかし、腰痛の原因を明確にさせることによって、その改善方法はきちんと見えてくるものです。以下で腰痛の原因を確認して、改善に役立てましょう。

腰痛の原因を解説!

男性

骨・筋肉のトラブル

腰痛が引き起こされてしまう原因として、骨や筋肉自体にトラブルが発生してしまっているケースが挙げられます。例えば激しい運動をすることによって筋肉が損傷してしまったり、骨にダメージが与えられることがあります。その結果、腰痛を引き起こしてしまうのです。骨や筋肉のトラブルとして挙げられるのが怪我を負ってしまう、骨と骨を繋いでいる軟骨部分に異常が発生して痛みを伴う、負担が蓄積することによって炎症が起こり痛みが発生するなどがあります。骨や筋肉にトラブルが発生した時に行いたい事は、患部をなるべく動かさないようにすること、冷やすといった対処を行うこと、圧迫を行って内出血などを止めることとなります。そして早く病院に行くことが必要でしょう。

神経に障害が発生する

神経に問題が起こることによって、腰痛が発生してしまうことがあります。神経による腰痛の特徴としては、皮膚にぴりぴりとした感覚が現れるといったものとなるでしょう。例えば椎間板ヘルニアなどといった病気は、神経に異常が発生することが原因となっているものと言えます。このように神経による腰痛が発生した場合には、神経にダメージを与えている原因を取り除く必要があるでしょう。神経が傷ついているような場合には、回復を待つ必要があります。自分では原因がよく分からない事も多いでしょうから、医師と相談することも大切となるでしょう。

精神の問題から引き起こされる

仕事や人間関係などによってストレスを受け、腰痛の原因を作ってしまっているような方も多くいらしゃいます。このようにストレスなど精神的な問題から引き起こされる腰痛は、個人によってもその痛みの度合いが異なってくるものです。精神的な問題から腰痛が発生してしまう方の改善方法として一番となるのが、ストレスを取り除くという事です。ストレスを取り除くためには、自分が何にストレスを感じているのかという事を見つける必要があるでしょう。ストレスを見つける時には一人で悩まずに、誰かに相談してみるのも良いでしょう。

内蔵の疾患によるもの

内蔵が何らかの病を抱えていることで、腰痛が引き起こされる場合があります。内蔵の病気と腰痛がなかなかリンクしにくいという方もいらっしゃることでしょう。内蔵にトラブルが発生すると、その周囲にも痛みが発生してしまう事があるのです。内蔵の疾患としては胃潰瘍や子宮内膜症、がんなどが挙げられます。腰痛と同時に他の症状が現れるような場合には、内蔵の疾患を疑ってみましょう。そして内蔵の疾患として特徴となるのが、動いていなくても痛みを感じるという事です。このような症状を感じた場合には、すみやかに医療機関を受診する必要があります。

原因不明のケース

腰痛には原因が不明となっているものがあります。腰痛の原因が分からないといったケースは、非常に多いものです。なぜ原因が不明となってしまうのかというと、それだけ腰痛は沢山の要因が絡んでいるからなのです。例えば日常生活の過ごし方に問題がある場合や、激しい運動のしすぎ、加齢により筋力が落ちてしまったなど様々となります。そのため原因不明の腰痛を改善させるには、自分の日常や状態を振り返ることから始めてみましょう。腰痛を改善させるグッズも多く販売されてますから、そのようなグッズを試してみることもおススメとなります。